roika_works 【単発】零れ落ちる夜空を振り返りながら 忍者ブログ
Twitterで投稿した小説やイベント参加情報をまとめています
Admin / Write
その手で取るは、月か星か。何方が良いだろうと悩むのは、贅沢な悩みである。いつになっても、答えが中々決められない。そうこうしているうちに、月は沈み陽が昇り始める。眩い陽の光は、星々の光を集めたかのようである。うっすらと見える、青白い月が妙に寂しく見えた。どこと無く、親近感を覚えた。

拍手

PR
HOME | 578  577  576  575  574  573  572  571  570  569  568 

忍者ブログ [PR]