roika_works 【単発】それはまるで夢の如く 忍者ブログ
Twitterで投稿した小説やイベント参加情報をまとめています
Admin / Write
風がびゅうびゅうと耳元で叫ぶ。前髪が乱れ、あなたが見えにくい。声を発しようと思ったが、何を言えばいいのか分からなかった。聞きたいことも言いたいことも沢山あった筈なのに、いざ目の前にするとこれである。あなたは寂しそうに笑って、踵を返し去って行った。私はあなたを引き留められなかった。

拍手

PR
HOME | 573  572  571  570  569  568  567  566  565  564  563 

忍者ブログ [PR]