roika_works 【単発】家で少女と不良中年 忍者ブログ
Twitterで投稿した小説やイベント参加情報をまとめています
Admin / Write
鐘の音が聞こえる。ラジオの放送は所々途切れる。茜色に染まった空には、烏が舞っている。彼等も巣に帰るのだろう。さあ、困った。私は帰る家が無い。暮れていく空を見て、途方に暮れているところに声を掛けられた。
「ヤア、お嬢さん。お困りの様だね?」
 胡散臭い男は、そう言うと私の目を覗き込んだ。

拍手

PR
HOME | 572  571  570  569  568  567  566  565  564  563  562 

忍者ブログ [PR]