roika_works 【私と君:番外編】夏祭り 忍者ブログ
Twitterで投稿した小説やイベント参加情報をまとめています
Admin / Write
窓辺に吊るした風鈴は涼し気な音を立てている。その向こうには、入道雲が見える。何もしたくないなあ。ぼんやりと頬杖をついて、メモ帳を何ページか捲る。好きなフレーズや、使えそうな表現を自分なりに纏めたものだ。私の宝物と言っても良いだろう。作業机に乱雑に置かれた資料から、一枚の紙を見つけ出した。
「花火大会…。」
去年のじゃないよなあと、訝し気にチラシの内容を確認する。どうやら今夜この近くで行われるようだった。こんな事なら、君を誘っておけば良かった。
「ごめんくださーい。先生、いますか?」
がらりと引き戸が開く音がして、玄関から君の声がした。
「はーい。上がっておいで。」
「はーい。」
君はいつもの様に、迷わず書斎へやってきた。
「先生、花火大会行きましょうよ。」
どうやら先程のチラシを、君も見ていたようだ。
「うん、良いね。誘いに行こうかと思っていたところだよ。」
「良かったです。擦れ違いにならなくて。」
君は浴衣姿で、何だか嬉しそうだ。浴衣は紺地に朝顔の模様のものだった。纏めた髪の毛についているかんざしは、涼しげな青色をしている。
「似合っているね、いい色だ。」
「有難う御座います。」
家からでも見られるが、折角だから出店もある場所へ行ってみようかと思った。
「出店でも冷やかして、それから花火を見ようか。」
「いいですね。私、りんご飴食べたいです。」
君はそう言って早く行こうと私の手を引っ張る。
「はいはい、じゃあ行こうかね。」
私もとうとう重い腰を上げて、玄関へと向かう。せっかちな君はもう下駄を履き終えていた。
「さて、行こうか。」
「はい!」
二人で下駄をカラコロと鳴らしながら、河川敷へと向かう事にした。

拍手

PR
HOME | 277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267 
リンクについて

site name: roika_works
master: 浅縹ろゐか(あさはなだ ろいか)

バナー画像は保存してお使い下さい。
リンク後のご報告は任意です。
メールフォーム
ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
カウンター
since:2016.04.30

忍者ブログ [PR]