roika_works 【単発】三寒四温と僕と君 忍者ブログ
Twitterで投稿した小説やイベント参加情報をまとめています
Admin / Write
凍える様な寒さは次第に和らいでいく。
まだ朝と晩は、シンと冷えている。
春の近付きは感じるが、まだまだ冬の寒さは続きそうである。
蕾をつけた木々は、風に揺られている。
今日はやけに風が強い。
向かい風の中、マフラーで鼻まで隠して歩いていく。
マフラーは向かい風で乱暴に揺らされるばかりであった。
もう少しすれば、家が見える。
君が僕を待っている家だ。
部屋に灯された明かりを見ると、ほっとする。
1日の疲れなど、吹き飛ばしてしまう程だ。
玄関を開けただいまと告げると、君は優しく笑い出迎えてくれる。
ああ、この家に君が居てくれて、本当に良かったと心底思う。

拍手

PR
HOME | 519  518  517  516  515  514  513  512  511  510  509 
リンクについて

site name: roika_works
master: 浅縹ろゐか(あさはなだ ろいか)

バナー画像は保存してお使い下さい。
リンク後のご報告は任意です。
メールフォーム
ご意見・ご感想はこちらからどうぞ。
カウンター
since:2016.04.30

忍者ブログ [PR]